2012/09/18

全米ジュニアベスト4の西岡良仁、イタリアの16歳Quinziに敗れベスト16に留まる

先日全米オープンジュニアでベスト4の成績を残した16歳の西岡の続報が入って来ました。

今回はメキシコのマンサニヨにて行われたMexico F10 Futuresに出場した西岡。結果は残念ながら相手選手に圧倒されての準々決勝敗退ですが、この結果にめげない今後の奮起を期待したいですね。

[男子シングルス準々決勝]
●西岡良仁  0-6, 1-6  ○Gianluigi Quinzi



相手のQuinziはジュニアで過去に最高ランキング2位だったこともあり、実績は十分の選手。現在の世界ランキングこそ1013位と西岡の822位よりも下ですが、これまでジュニア大会を主戦場として戦ってきた選手です。

この2人は先日の全米ジュニアでも準々決勝であたっており、このときは西岡がフルセットの末勝利を収めています。今回もなんとか勝ちたかった西岡でしたが、相手に本領を発揮されてしまいましたね。

同じ16歳、しかも左利きとあって、西岡ももしかしたらQuinzi選手のことをライバル視していたりするかもしれません(完全に願望ですが…)。

実は今回のメキシコチャレンジャー本選出場者で10代の選手は彼ら二人だけ。他の選手は20代前半~中盤の選手ばかり。そんな中ですから、彼らはよく頑張っていますよね。

次世代のテニス界を担うかもしれない人材に今後も要注目です!

0 件のコメント:

コメントを投稿