2012/09/24

先週はモーゼルでツォンガ、サンクトペテルブルクでクリザンが優勝【ATPツアーダイジェスト】

先週はツォンガとクリザンが、それぞれフランスのメスとロシアのサンクトペテルブルクで優勝しました!

1. Moselle Open @Metz, France
Jo-Wilfried Tsonga  6-1, 6-2  Andreas Seppi

インドアハードで開催されるこの大会、ツォンガは昨年もリュビチッチを破って優勝していましたが、今年も優勝し2年連続でタイトルをものにしました。
決勝の相手は怪我からの復帰途中にある地元フランスのモンフィスを倒して勝ち上がったセッピ。しかし良いストロークを持つ彼も、インドアでのツォンガには手も足も出なかったようです。ツォンガは6回のブレークチャンスを4度手にし、スコア上も大きく差をつけて自身9度目のツアータイトルを獲得しました。試合時間、およそ50分。



1月のドーハに続き、今季2度目の優勝を決めたツォンガ。この優勝で獲得したポイントを合わせて、ロンドンでの最終戦に向けたポイントは2,905ポイントとなりました。7位のベルディフは3,720ポイントとこちらはまだまだ距離があり、一方で9位のティプサレビッチは2,720ポイントであることを考えると、まだまだ油断は禁物といったところでしょうか。

インドアハードでは持ち前の爆発力が遺憾なく発揮されるでしょうから、個人的には是非最終戦に出場し、台風の目となってほしいと思います。

おそらく最終戦最後の一人は、現状この二人のどちらかと考えられるだけに(アルマグロに終盤のハードでのポイント量産を期待するのは酷でしょうから)、なおさらこの競り合いからは目が離せません!

ちなみにティプサレビッチは今週タイはバンコクで開かれるタイオープンに参戦する予定です(ちなみに日本の伊藤、杉田、守屋も出場予定)。


2. St.Petersberg Open @St.Petersburg, Russia
Martin Klizan  6-2, 6-3  Fabio Fognini

帝政ロシア時代の都、美しき街サンクトペテルブルクではスロバキアの23歳、クリザンが自身初となるツアー優勝を果たしました。

第1シードが29位のヨーズニー、第2シードが38位のイストミンということもあり、いわゆる穴場大会でもあったわけですが、その中でもトップシードをしっかり倒して優勝したことには大いに価値があると思います。

現在はランキングを落としているとはいえ元TOP10選手ですし、これまでコツコツとランキングを上げてきた成果が表れたのではないでしょうか。



この優勝でクリザンは33位とキャリアハイを更新。このまま上がり調子でどこまで伸びるのでしょう?来月あたまの楽天オープンにも出場が決まっているようですし、今後要注目の選手の1人といえるでしょうね!

【9月25日追記】YouTube動画を追加しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿