2012/09/08

内田海智と西岡良仁がUSオープンジュニアで準決勝へ

いやあ、驚きました。ジュニアでの成績は必ずしもその後のキャリアの指標にはならないというのは常識ですが、それを差し引いてもこれは本当にスゴい!

[ジュニア男子シングルス準々決勝]
○内田海智 6-1,6-4 ●Kimmer Coppejans(ベルギー)
○西岡良仁 6-7(5),6-3,6-0 ●Gianluigi Quinzi(イタリア)

日本テニス協会公式blog: 内田海智と西岡良仁が準決勝進出!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/2012-09-08 
全米12日目:内田&西岡、揃って準決勝へ! - スマッシュブログ
http://www.nsks.com/blog_smash/2012/09/08/7548/

18歳の内田海智はもともと実績のある選手で、ITFジュニアランキングでの最高順位は4位(現在は8位)。昨年はシングルスでウィンブルドンジュニア、世界スーパージュニアでベスト4に入ったほか、後者の大会ではダブルスでもなんと優勝しています。

今年は全豪がベスト8、全仏は初戦敗退でしたが、ウィンブルドンではベスト16、ウルグアイのモンテビデオで行われたウルグアイ・ボウルでは優勝ということで、ジュニア最後の年としては充実しているのではないでしょうか。



内田の成績は星田テニスクラブのHPで確認することができます。
星田テニスクラブ|内田海智 試合速報
内田は5歳からテニスコーチである父の博也さんに教わりテニスを始めたそうで、現在は大阪産業大学附属高校に所属。詳しくは2010年放送の以下の動画で見ることができます。

スマッシュブログにもあるように、見た目は朴訥な感じですが、プレーはダイナミック。というか、ここでもしっかり松岡修造が登場するんですね(笑)。



一方の西岡良仁はIMGアカデミーに海外留学中の16歳(27日で17歳)。ITFジュニアランキングでの最高順位は12位(現在は40位)で、フォアハンドのトップスピンと繊細なタッチ、そしてなによりボールに食らいつく執念深さが持ち味の選手とのこと。

今年は複数フューチャーズやオレンジボウルでベスト8やベスト4に食い込んでいるようですね。ジュニアGSでは全仏とウィンブルドンで2回戦に進出しています。

実は今大会はダブルスも準決勝に進出していたのですが、残念ながら負けてしまったようです。自身のツイッターでも「4大会連続決勝進出を俺が止めたるw」と書いているように相手のEdmund & Silva組は強敵だったようですが、こうなったらシングルスに力を注いでほしいですね。

そのほか、この2人とは別に予選から出場したインターハイ2連覇の後藤翔太郎も本戦出場+2回戦進出を果たしましたし、続々と成長しているジュニア世代の今後に期待ですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿